デザイン性も優れた疲れない靴を選んでおしゃれを楽しみましょう!

2016年05月24日

パンプスで疲れない靴ってあるの?


疲れない靴」と聞くとなんだか野暮ったくって、
ペッタンコで、おしゃれじゃなくて、
またはサイドがジップのウォーキングシューズみたいなのを
想像してしまう人もいるのではないでしょうか。


実はヒールが高くて、
ファッション性に優れたパンプスでも
足が疲れないと評判のものがたくさんあるんです。



ダンスグループ「パヒューム」が
はきながら踊っていることで有名な「DIANA」のシューズは、
彼女たちを見たら分るように、
あの高さのヒールで踊り続けられるすごいパンプス


最近はさらに疲れにくくするために
改良された"ルフリーシリーズ"が登場しています。
飛べそうなフィーリングのパンプスだとか。。


またお値段は張りますが、
医学的にデザインされていてとにかく足が疲れない!と
絶大な人気を得ているのが「フェラガモ」です。

一足3〜5万くらいはするのですが、
「足は第二の心臓ですから。海外ブランドって高いかなーって思うけど、
長持ちするから最終的にはお得。」という意見も。


同じくらいのお値段でもうひとつは「ジミー・チュウ」

どこから見ても女性らしく
美しいフォルムのジミー・チュウのパンプスは、
靴屋さんが作った靴として履きやすさに定評があります。


さらにお高いけれど、履きやすい、
疲れないと評判なのが「クリスチャン・ルブタン」

フェラガモの倍近くしますが、
おしゃれが大好きなレディーの間では、
これだけヒールがあっても大丈夫!と信頼が厚く
がんばって買って 大切に使っている人も多いようです。


あとは、「丸井のラクチンきれいパンプス」や「コールハーン」のパンプス。
コールハーンはナイキ傘下に収まって以来、
中敷きにナイキエアを使用しています。

そのため今ままでにない履き心地の“走れるパンプス”として
女性の足に革命を起こしました。 


ち密な計算の上に作られる疲れないパンプスは、
制作の手間がかかるためかどれも少々高めになりますが、
美しい姿勢を保つためにも 
自分への投資として購入するのもいいでしょう。





posted by 疲れない靴を選ぶプロ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 疲れない靴 パンプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。